平成30年 年頭のご挨拶

2018年01月04日 00:00:12

新年 明けましておめでとうございます。

皆様方におかれましては、2018年の輝かしい新春を迎え、すがすがしいお正月をご家族でお迎えになられたことと存じます。

私も昨年5月に、多くの皆様方のご支持とご支援を賜りまして、町長に就任させて頂き、早や半年余りが経過しました。     

その間、皆様方とお約束した公約を少しでも前へ進めたく実行できる施策から取り組んでまいりました。そして、新年を迎え、心新たに決意をしているところでございます。

さて、昨年も地球温暖化の影響でしょうか、梅雨前線の停滞による集中豪雨や台風の相次ぐ日本列島への上陸などで全国各地において大きな災害が発生しました。被災されました地域の一日も早い復興、復旧を心から願っております。

本町におきましては、平成23年に被災しました日高川流域の災害復旧助成事業も多くの皆様のご協力を頂き終了しましたが、今年度からは、同事業以外で補強工事も進められており、あの日の悪夢を二度と起こさない環境整備が引き続き行われております。また、平成27年に被災しました江川の災害復旧助成事業の工事もピークとなっており、一日も早い完全復旧に向けて、鋭意取り組んでいるところでございます。

新年度におきましては、少子高齢化に伴う人口減少を少しでもやわらげるため、若者定住や移住の促進、子育て支援をより進めると共に、農林業や商工業を中心とした産業の振興、シルバー人材センターなどの高齢者支援をはじめとする住民の皆様に優しい行政の推進を図り、そして、県道や町道をはじめとした道路整備や防災減災対策、更には、教育、文化活動の推進に向け、議員の皆様方のご理解の下、職員一丸となって、取り組んでいく所存でございます。

どれもが喫緊の課題でありますので、限られた予算の中ではございますが、着実に進めたいと考えておりますので、皆様のなお一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。

皆様にとりまして、本年も、ご健勝で、幸多き平成30年となりますことをご祈念申し上げ、年頭にあたっての、ご挨拶とさせて頂きます。

 

日高川町長 久留米 啓史

ページの先頭へ