平成31年 年頭のご挨拶

2019年01月01日 07:00:48

新年明けましておめでとうございます。

皆様方には、健やかに新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。

さて、昨年は西日本豪雨や大阪と北海道の地震、そして、大型台風の接近上陸などで全国各地に甚大な被害が発生しました。本町でも台風21号では、暴風による倒木などで今まで経験がない長い停電が全町的に発生すると共に、農作物などにも大きな被害が出ました。被災されました皆様、地域の一日も早い復興、復旧を心から願っております。

一方、冬期オリンピックやサッカーワールドカップでの日本人選手やチームの活躍、そして、2025年の万博開催地が大阪に決定されるなど心躍るうれしいことも沢山ありました。今年こそは、うれしい出来事の方が多い年になってほしいものです。

ところで、月日が経つのは早いもので、私も今年5月で就任後2年が過ぎ、任期の後半を迎えることになりますが、町民の皆様一人ひとりが幸せを感じる「豊かな日高川町」をみんなで創り上げることを目指して頑張りますので、今まで以上の温かいご支援を賜りますよう宜しくお願い致します。

その中で、喫緊の課題であります少子高齢化による人口減少対策につきましては、更なる若者定住や移住、子育て支援の推進などにより一層進めていく所存でございます。もう一つの防災対策につきましては、予てより整備を進めていました防災センターが今春いよいよ完成の運びとなります。災害発生時の避難施設として、また防災学習などの学びの場として運用を開始しますので、是非一度ご利用頂ければと思います。平成23年のような災害は、町内各地での砂防や河川改修などにより起こりにくくなっているとは思いますが、万一に備える必要があると共に、紀伊半島沖を震源とする南海トラフ地震の発生確率も高まっていると言われています。「自分の命は、自分で守る」ということを常に意識し、皆様も災害に備えて下さい。

そして、11月には「ねんりんピック紀の国わかやま大会」が開催され、本町では、南山スポーツ公園でグラウンドゴルフ交流大会が催されます。全国から来られる選手の皆さんに喜んで頂ける大会を目指しておりますので、ご支援をお願い致します。

最後に、本年も直面する諸課題の解決に向け、職員共々、一生懸命取り組んでまいりますので、ご支援とご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

町民の皆様方には、本年もご健勝で幸多き年となりますよう心からお祈り申し上げ、年頭のご挨拶といたします。

 

日高川町長 久留米 啓史

ページの先頭へ