多くの方に日高川町を知っていただくために

2019年10月09日 08:30:31

皆様、こんにちは。

10月に入り、秋祭りのシーズンとなりました。例年この時期には、朝夕の気温が下がり日中との温度差も大きくなるのですが、今年はまだ朝夕の気温が高いように思います。この温度差が大きくなると、樹園地のみかんも色づき秋の深まりが感じられるようになるのですが、今年は季節の進むのが遅いようです。

 

さて、皆さんもご承知のとおり11月9日から開催されます「ねんりんピック紀の国わかやま大会」まで後30日ほどとなりました。和歌山県内の21市町で27種目が開催されます。

本町では、南山スポーツ公園陸上競技場でグラウンド・ゴルフ競技が開催され、全国各地から約400名の選手の皆さんが参加予定となっております。この選手の皆さんに気持ちよく競技を楽しんで頂くと共に、地域の皆さんなどとも交流を深めて頂き、「今年の大会は良かった。」「日高川町は良かった。」と言って頂ける、そのような大会にしたいと思ってございます。

日高川町を全国の皆さんに知って頂く良い機会ですので、ボランティアの皆さんのご協力や多くの皆さんのご観覧など宜しくお願いします。

 

また、この度和歌山県住みます芸人の「わんだーらんど」さんに、町で初めての観光PR人「日高川超~さけび隊」を委嘱させて頂きました。わんだーらんどのお二人は、元々農業に関心がおありで、農業ボランティアとして度々町内の農家を訪れていると共に、農業祭にも2回出演して頂くなど日高川町との関係も深く、町の魅力を発信して頂くことで観光客の呼び込みに繋げていきたいという思いから、吉本興業株式会社と協議を重ね、今回の委嘱に至ったものです。

ちなみに、「超~さけび隊」の由来は、椿山ダム湖畔に「ヤッホー」とさけぶと大きくきれいな山彦が返ってくる「日本一楽しいヤッホーポイント」があり、町の魅力をさけぶことで山彦のごとく観光客が来られることを願ってこの名称としました。

 

今後は、来町時に、SNS等で町の魅力を発信して頂くほか、出演するテレビやラジオ番組におきまして、町の観光情報等を紹介して頂く予定にしており、発信力のあるわんだーらんどのお二人に期待をしているところです。

 

日高川町長 久留米 啓史

ページの先頭へ