年頭のご挨拶

2023年01月01日 08:30:38

新年あけましておめでとうございます。

皆様には、清々しい新年をご家族でお迎えになられたことと、心からお慶び申し上げます。平素は、町行政に対しまして格別のご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。心からお礼を申し上げます。

さて、昨年を振り返りますと、コロナ禍の中でロシアがウクライナへ侵攻しましたので世界のバランスが崩れ、エネルギーや食料品などの価格が高騰するなど、生活が一段と厳しくなった年でした。コロナ禍は3年目でもあり、第7波の終盤頃からウィズコロナへ向けての流れとなりましたが、FIFAワールドカップを見ていますと、海外では既に元の生活のように見えました。日本でもいずれそのようになると思いますので、町内にも活力が戻るような取り組みを進めたいと思っています。

このような中で、昨年11月にかわべテニス公園スマイルドームのオープニングイベントを催しました。このテニスコートのドーム化は、長年にわたり多くの皆様方からご要望を頂いてきたものです。近畿自動車道の4車線化が印南町まで進んだ中で、県外の方にいかに本町を目的地としてお越し頂くか、誘客施設として南山スポーツ公園や既存施設などと共に、活用していけると考えてございます。今後も、本町の特徴を活かした町づくり地域づくりを皆様と共に、進めていきます。

尚、このドームは、大規模災害時の避難場所や救援物資の集積場所としても活用できるよう自家発電設備を備えていますので、災害時の拠点の一つと考えています。

最後に、皆様もご承知のとおり、近年、本町では少子化が急速かつ極端に進んでいますので、町立小中学校再編推進委員会でご審議頂き、答申を頂きました。その一次答申をご説明させて頂き、皆様からいろいろとご意見を賜りましたが、現在学校に在籍している子ども達や今後入学する子ども達のことを考えれば、学校再編は避けられないと思いますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

皆様にとりまして、本年が幸多き一年となりますよう祈念し、そして、今後も変わりないご支援とご協力をお願い申し上げ、新年のご挨拶とさせて頂きます。

日高川町長 久留米 啓史

ページの先頭へ