高額療養費について

70歳未満の人の場合

同じ月内に同じ医療機関に支払った自己負担額が次表の自己負担限度額を超えた場合、申請によりその超えた額を高額療養費として支給します。高額療養費が発生した人には通知をお送りします。

 

70歳未満の人の自己負担限度額(月額)

 

70歳未満の人の自己負担限度額(月額)

  ※2 同一世帯のすべての国保被保険者の基礎控除後の所得の合計額が600万円を超える世帯に
      属する人。
  ※3 同一世帯の世帯主とすべての国保被保険者が住民税非課税の世帯に属する人。

 

 

  • 入院の場合の1医療機関ごとの窓口負担は限度額までとなります。事前に「限度額適用認定証」の交付を国保窓口に申請し、入院時に認定証を医療機関の窓口に提示してください。
  • 同一世帯で1ヵ月につき21,000円以上の自己負担額が複数あった場合、それらを合算して限度額を超えた分が支給されます。

 

 

70歳以上の人の場合

 70歳以上75歳未満の人は外来(個人単位)と世帯単位(入院・外来)を別々に考えます。

70歳以上の人の自己負担限度額(月額)

70歳以上の人の自己負担限度額(月額)2

 

 ※4 現役並み所得者・・・・・同一世帯に住民税課税所得145万円以上の70歳以上75歳未満の国

               保被保険者がいる人。

               (収入の合計が単身世帯で383万円以上、2人以上世帯で520万円

                以上の人)
           
  ※5 低所得Ⅱ・・・・・同一世帯の世帯主と国保被保険者が住民税非課税世帯に属する人。
  ※6 低所得Ⅰ・・・・・同一世帯の世帯主と国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の所得が一定基
               準以下の人。
              一定の条件を満たす場合は軽減措置が設けられています。詳しくはお問い合

             わせ下さい。

 

 

高額医療・高額介護合算制度について 

世帯内で、医療保険と介護保険の両方の自己負担を合算し年間の限度額を超えた場合は、超えた分が高額介護合算療養費として払い戻されます。

 

自己負担限度額(年額:8月~翌年7月)

 

70歳未満の世帯の場合

 

70歳未満の世帯の自己負担限度額

 

 

 70歳から74歳の世帯の場合

 

       70歳から74歳の世帯の自己負担限度額

 

 

 

お問い合わせ先 保健福祉課 TEL:0738-22-9041
中津支所 中津地域振興課 TEL:0738-54-0321
美山支所 美山地域振興課 TEL:0738-56-0321
寒川出張所 TEL:0738-58-0001
ページの先頭へ