ナルトサワギクにご注意

ナルトサワギクにご注意

町内において特定外来生物「ナルトサワギク」が発見されました。家畜や草食動物等が口にすると有毒であるため、ご注意ください(直接手で触っても害はありません)。

 

【特徴】

埋立地や河川敷、空き地、道路法面などの場所に生育しています。1年を通して1円玉大(直径2から2.5㎝)の黄色の花を咲かせ、タンポポのような綿毛のある種子を飛ばします。

 

【影響】

1年中、開花、結実するため、繁殖力が非常に強く、急速に分布を拡大しています。アルカロイドの一種であるセネシオニンやセネシオフィリンなどを含むため、草食動物等に対して有害です。採草地や放牧地に侵入した場合、家畜が中毒症状を起こす可能性があります。

 

【駆除】

・特定外来生物は法律により生きたまま移動させたり、保管したりすることが禁止されています。駆除する際は、現場で枯死させ根から引き抜いて処分するようにしてください。

・直接手で触っても害はありません。

 

関連リンク

和歌山県ホームページ

 

  

 

お問い合わせ先 住民課 TEL:0738-22-1701
ページの先頭へ