【移住推進】【空き家活用】に取り組む地域おこし協力隊を募集します!

 

日高川町は、和歌山県のほぼ中央部を流れる「日高川」の流域に広がるまちです。
面積のおよそ9割が山林に覆われ、川沿いの平地や谷に沿って集落が形成されています。
東西に長い形をした日高川町では、市街地に近く人口も多い河口付近から、山深い上流部まで、「日高川」を軸に幅広いライフスタイルが息づいています。

 

日高川町では、10年以上にわたって移住推進に取り組んできました。
日高川町の移住推進の特長は、「移住者がだんだん地元民になっていく」ということです。
移住者ばかりでコミュニティを形成するのではなく、それぞれの集落・地域に溶け込んでいく。
地元住民もそんな移住者に寄り添い、受け入れていく。
そんな雰囲気が、長年の移住推進の取り組みを経て醸成されてきました。

 

日高川町役場定住促進室では、移住希望者の相談対応「わかやま空き家バンク」を通じての空き家活用移住希望者を対象とした現地体験ツアーの実施町内外への情報発信など、移住推進に関わる様々な取り組みをおこなっています。現在、1名の地域おこし協力隊がこの活動に携わっていますが、今回新たに1名の地域おこし協力隊を募集します。
あなたの経験・知識・人脈・外からの視点などを活かし、これからの町づくりに参加してみませんか?

 

 

 

【移住推進】【空き家活用】地域おこし協力隊の活動内容

●【移住推進】【空き家活用】地域おこし協力隊(1名)

①移住推進に関する活動

②空き家の活用に関する活動

③地域おこし協力隊が自ら提案する活動(町長が認めるもの)

④退任後の定住に向けての活動(町長が認めるもの)

 

募集対象

①3大都市圏をはじめとする都市地域等から日高川町に住民票を移動できる方

※総務省「地域おこし協力隊推進要綱」に定める地域からの転入

②年齢20歳以上おむね40歳以下の方

③地域おこしに意欲と情熱があり、地域住民等と積極的に協働ができる方

④地域おこし協力隊員としての活動終了後も、日高川町に定住し、就業・起業しようとする意欲のある方

⑤基本的なパソコンの操作(ワード・エクセル等)のできる方

⑥普通自動車運転免許証を取得している方

⑦地方公務員法第16条に該当しない方

 

雇用内容など

勤務地
和歌山県日高川町
勤務時間
週5日勤務
(8時30分~17時15分が基本ですが、協力隊という特質上この限りではありません。)
 ※活動内容によっては時間外、土日祝日の活動も含まれます。
 ※土日祝日に出勤した場合は、代休とします。
雇用形態・
期間
①日高川町の臨時職員として任用します。
②任用期間は、採用の日から最長3年間とします。
給与・
賃金等
月額170,000円
※その他:賞与、時間外勤務手当、退職手当等の支給はありません。
※通勤手当別途支給
待遇・
福利厚生
①住居については、町が用意します。(家賃不要あるいは家賃全額助成)
②健康保険・厚生年金保険・雇用保険・非常勤職員等公務災害補償保険に加入します。
③退任後の起業補助金:上限150万円(全額補助・汎用性の高い備品等は1/2助成)

 

募集概要

募集人数
地域おこし協力隊 1名
申込受付期間
随時受付
選考の流れ
①提出書類
 ・【移住推進】【空き家活用】地域おこし協力隊 応募用紙
 ・住民票抄本 
  ※応募用紙は以下の関連リンクよりダウンロードしてください。
②第一次選考
  書類選考の上、応募者全員に文書で通知します。
③第二次選考
  第一次選考合格者については、1泊2日の現地研修・面接を行います。
  日時等は第一次選考結果を通知する際にお知らせします。
  ※第二次選考に要する交通費等は支給します。 
④最終選考の結果は、第二次選考終了後文書で通知します。
提出先・
お問い合わせ先
〒649-1324
和歌山県日高郡日高川町大字土生160番地
日高川町役場 企画政策課 定住促進室
担当:湯川・直川
TEL:0738-23-9511 FAX:0738-22-1767
E-mailはこちら

 

関連リンク

【移住促進】【空き家活用】地域おこし協力隊 応募用紙(word)

Facebookページ「ゆめ倶楽部21~移住・交流 日高川~」

道の駅 SanPin中津

JOIN 地域おこし協力隊

 

 

お問い合わせ先 企画政策課 定住促進室 TEL:0738-23-9511

 

ページの先頭へ