議会のしくみ

町議会とは

町議会は町民の皆さんから直接選ばれた議員で構成される住民の代表機関です。

町の発展や住みよい町づくりを進めるために町行政に対して住民の意思を十分反映させる重要な意志決定機関でもあります。

 

町議会と町長

町民の皆さんの代表として選ばれた議会議員は、町議会という合議制の意志決定機関を構成し、町づくりを進めていくうえで重要なことを議決しています。このことから町議会を「議決機関」ともいいます。

一方、議会の議決に基づいて町行政を実際に執行するのは町長であり、これを「執行機関」といいます。町議会と町長は、お互いに独立した対等な関係にあり、それぞれの立場から協力し合って町民のための町行政を推進しています。

 

町議会議員・議長・副議長

日高川町の議員定数は12名です。議員は4年ごとに住民から直接選挙で選ばれ、現在12名の議員が在職しています。

議会における会議が順調に運営、進行されるためには主宰者となる議員が必要であり、その役目は議長が行います。また議長は、議会の代表者及び議会事務の統理者としての権限を有します。

議長と副議長は議員の中から選挙で選ばれます。副議長は、議長が欠けたときや病気などで休んだときに議長の代わりを務めます。

 

お問い合わせ先   議会事務局 (直   通) TEL:0738-22-9504
          (ファックス) FAX:0738-22-2093
          (メール) メールはコチラ
ページの先頭へ